債務整理、過払い金請求は弁護士、司法書士事務所に相談。

おすすめの事務所紹介

樋口法律事務所

■24H365日受付/全国対応

■本人以外からのご依頼(ご相談はOK)

■借金の督促、STOP可能

■初期費用0円、分割払い対応

■全国の借金返済問題の相談受付

債務整理で借金の悩みを解決させましょう

借金の悩みを抱えている方は、国内に多くいますが、ある手続きを行なう事により、借金による負担を最小に出来るだけでなく、支払義務そのものを免除してもらう事も出来るのです。支払義務を免除してもらう事が出来たら、借金とは無関係の生活を送ることが出来るのです。

法的な手続きを取って借金の支払義務を免除してもらうわけですから、数年後に返済義務が復活するという事もありません。手続きを完了させた後に得た収入は、全て自分で管理する事が出来ますし、債権者に請求されるという事もありません。

まず、支払い義務を免除してもらったら、元債権者には請求権がなくなるわけですから請求する事は出来ませんし、手続きを行った後に何らかの形で請求をしてきた場合は、ルール違反となり元債権者に厳正な処罰が下されるのです。支払義務を免除してもらい、借金に悩む生活から開放されたいという場合は債務整理を行なえば良いのです。

法的手続きもありますし、交渉だけで借金問題解決に向けて進める事が出来る手続きもあります。現に、交渉だけで借金の大幅な減額に成功した方も多いのです。借金問題は多くの知識を持ち、法律を駆使する事により、問題なく解決していく事が可能なのです。

債務整理の手続きは、いくつかの方法があります。債務状況などによって、どの方法が適しているのかと言う事はかわりますから、債務整理について深い知識を持っている法律のプロを頼るなどして、借金問題解決に向けて進めていくと良いでしょう。

債務整理の4つの選択肢

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産という4つの種類があります。任意整理では、金融機関と交渉して利息を減額もしくは免除してもらったり、返済期間を無理なく返済できるように延ばしてもらう手続きです。

個人で交渉することもできますが難しいので、ほとんどの場合は弁護士が間に入って交渉します。特定調停は任意整理とほぼ同じですが、簡易裁判所を通す手続きとなります。任意整理に比べるとデメリットが大きいので、特定調停が選ばれることはあまりありません。

個人再生では、借金の元本までも大幅に減らすことができます。住宅ローン債務だけは減額できませんが、住宅ローンを払い続けることができるならマイホームを失わなくてすむというメリットがあります。自己破産では、すべての借金をゼロにすることができます。

債務整理には以上のような4つの種類があり、個々の状況に応じて適切な方法を選択します。デメリットもあり、その後の生活に影響することもありますので、弁護士などの専門家とよく相談して、最も自分に合った方法を選択することが大切です。

債務整理では弁護士との信頼関係が大切

債務整理の手続きを弁護士に依頼するという場合、本当のことを隠さずに話すことが大切です。些細な事でも、話さずにいると手続きが上手くいかなかったり、思ったような効果を得ることが出来ない可能性があります。そして、嘘を付かないということも大切です。

多額の借金をしているという場合、ヤミ金などからお金を借りているということもあるかもしれません。そのような時に、借金をしているということに対して後ろめたさを感じるという場合もあるかもしれませんが、不都合なことがあった場合でも話すことにより、適した手続きの方法を提案してくれることもあります。

弁護士や司法書士は、依頼者に有益な手続きをしてくれます。信頼して全てを隠さずに話すようにしましょう。

厳しい取り立てに悩んでいるという場合でも、弁護士や司法書士に依頼することにより、取り立てをやめさせることが出来ます。分からないことなどがあれば、相談し、納得した上で手続きを行うようにしましょう。

更新情報・お知らせ

サイトリニューアルNEW

↑ PAGE TOP